大和佐味城を訪ねる(第725回例会)

例会

●日時
令和6年3月3日 午前9時30分(時間厳守)

●集合場所
近鉄御所駅改札前

奈良交通9時48分発新宮駅行きに乗車 乗車賃550円

弁当・飲物・敷物・帽子・ハイキング靴・ステッキ、タオル、雨具、軍手持参でお願いします。
マスクの着用は各自の判断でお願いいたします。

●行程
近鉄御所駅 → 風の森 → 髙鴨神社 → 佐味城入口 →

佐味城内散策 → 風の森 → 近鉄御所駅(解散)

●参加費
賛助会員・正会員・家族会員 800円
通信会員・当日参加者 1000円
(資料代・保険代・記念写真代・下見費用として)

●見どころ
佐味城は、金剛山の中腹、奈良盆地側に突き出た台地上の
尾根に位置し、方形区画群を持つことから山岳寺院を
城郭に改造された特異な縄張りを持ったお城です。
天文6年(1537)に河内や大和で勢力を奮った木沢長政が
築城した琵琶尾城に比定する説がある。
地形は、北は急峻な谷、東と南は極めてなだらかで、
どこからでも容易に侵入しやすい城地である為、
山腹には横堀の防御ラインで遮断。
虎口は東と西の二ヵ所。
当時の遺構がよく残った山岳寺院を改造したお城である。

お問い合わせ

●Facebook
大和佐味城を訪ねる(第725回例会)

山城鹿背山城・木津城を訪ねる(第724回例会)

例会

●日時
令和6年2月4日 午前11時

●集合場所
JR木津駅西口
受付は鹿背山城登城口で行います。

11時19分 JR木津駅発「きのつバス」鹿背山行に乗車

弁当・飲物・敷物・帽子・ハイキング靴・軍手持参でお願いします。
マスクの着用は各自の判断でお願いいたします。

●行程
鹿背山バス停 → 登城口 → 曲輪Ⅰ(主郭)昼食休憩 →

曲輪Ⅰの西下に展開する畝状竪堀・横堀・堀切 →

曲輪Ⅰ北の水手・堀切 → 曲輪Ⅱ →

曲輪Ⅱの南に展開する曲輪群 → 曲輪Ⅲ →

曲輪Ⅲの南に展開する曲輪群 →

曲輪Ⅲの東下の横堀・畝状竪堀群・大堀切 → 登城口 →

鹿背山バス停発14時44分に乗車 → JR木津駅14時49分着 →

徒歩20分 → 木津城見学 → 徒歩20分 →

JR木津駅(解散 16時半頃)

●参加費
賛助会員・正会員・家族会員 800円
通信会員・当日参加者 1000円
(資料代・保険代・記念写真代・下見費用として)

●見どころ
【鹿背山城】
奈良・京への交通の要衝であった木津を眼下に望む
標高141mの鹿背山に東西約400m・南北約300mの規模で展開する
南山城地域で最大の山城。
中世の史料からは15世紀には奈良興福寺と
強い関係にある施設の存在が推定される。
現存する遺構は戦国時代末期のもので、
「多聞院日記」等から松永久秀の勢力による城郭改修が考えられる。
曲輪Ⅰ直下の西から北に展開する竪堀・横堀・畝状竪堀群や
曲輪Ⅲの東直下の横堀・畝状竪堀群などをじっくりと見学します。

【木津城】
木津川市の市街地の東側に広がる標高106mの丘陵上に位置し、
南北約60m東西約50mの単郭方形で周囲に堀切と横堀を設けた城郭。
応仁・文明の乱の頃「大乗院寺社雑事記」等に出てくる
「木津城」であるのか「尋憲記」に出てくる
「木津之上之山」であるかは不明。
現在は周辺が宅地開発され城址公園として整備されているが、
遺構は一部破壊されている。

お問い合わせ

●Facebook
山城鹿背山城・木津城を訪ねる(第724回例会)

日本古城友の会 総会と天王寺区史跡めぐり

総会

●日時
令和5年1月21日 午前10時

●場所
大阪市立天王寺区民センター 会議室

Osaka Metro谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」下車2番出口から北へ徒歩2分

●参加費
総会(午前) 200円
史跡めぐり(午後) 300円
(会場費・資料代・保険代として 各自硬貨をご用意ください)

●次第
・総会 10時20分~12時
令和5年度 事業報告・会計及び監査報告
総会60周年記念式典・記念見学会結果報告
令和6年度 役員改選
令和6年度 事業計画(見学地の選定)

午前中にて総会は終了し、各自昼食をとっていただき、
13時に区民センター前に再集合。
午後からは天王寺区内にある史跡を巡る予定です。

天王寺区史跡めぐり

●集合時刻 13時

●集合場所 大阪市立天王寺区民センター前

●行程
大阪市立天王寺区民センター →  天王寺砦跡 → 愛染堂・大江神社 →
一心寺 → 一心寺 存牟堂(休憩) → 堀越神社 → 庚申堂 →
天王寺公園(記念写真) → 天王寺駅(解散17時頃)
全行程で約5.5km(前半約3km、後半約2.5km)ほど歩きます。

お問い合わせ

若狭後瀬山城・小浜城を訪ねる(第721回例会)

例会

●日時
令和5年11月12日 午前8時(時間厳守) 雨天決行(行程変更あり)

●集合場所
JR環状線「森ノ宮」駅前 森之宮神社前

弁当(バス乗車前にご用意ください)・飲物・敷物・帽子・ハイキング靴・ステッキ・タオル・雨具持参でお願いします。
バス車内を含めマスクの着用は各自の判断でお願いいたします。

●行程
森之宮神社前8時出発 → 阪神東大阪・近畿 → 第二京阪 →

京滋バイパス → 京都縦貫道 → 舞鶴若狭道 →

綾部PA(休憩) → 小浜IC → 後瀬山城(10:30) →

愛宕神社側登山道で登城 → (比高155m登山口から連郭群までは急勾配の登りが続きます) →

大竪堀 → 八幡神社側の大堀切 → 3郭堀切・土橋 →

主郭(昼食) → 主郭堀下の二重大堀切 → 2郭(山城御殿跡) →

主郭北西下の堀切と畝状竪堀群 → 登りと同じ道で下山 →

バスで小浜城に移動 → 小浜城本丸周辺探訪 → 小浜城出発(15:00) →

小浜IC → 舞鶴若狭道 → 綾部PA(休憩) → 舞鶴若狭道 →

京都縦貫道 → 京滋バイパス → 第二京阪 → 

阪神東大阪・近畿 → 森之宮神社前(17:30頃解散) 

●参加費
参加人数により変わります。
(バス代・高速料金・資料代・保険代・記念写真代・下見費用として)

●参加申込
会員の方は城だよりをご参照ください。
会員外の方はお問い合わせください。

●見どころ
【後瀬山城】
若狭武田氏は永享12年(1440)武田信栄が
6代将軍足利義教の命で若狭・丹後・三河等の守護であった
一色義貫を討った恩賞で若狭守護となったため、
丹後一色氏とは常に確執があり続けた。
そのため、大永2年(1522)若狭5代守護武田元光により
小浜の後瀬山に築城された後瀬山城は曲輪の要所に堀切が施されている他、
特に城の北西部には畝状立堀群や大規模な竪堀等が施され、
西方の丹後に対し防御を密にした構造となっている。

若狭8代守護の武田元明は天正10年(1582)本能寺の変で
明智光秀に味方したため自害させられ、若狭武田氏は滅亡する。
その後、丹羽長秀・浅野長政・木下勝俊が若狭を支配するが、
慶長5年(1600)関ケ原の戦い(大津城籠城戦)での戦功で
若狭を領することとなった京極高次は、
翌年から小浜城の築城を開始し、後瀬山城は廃城となった。

【小浜城】
小浜城は小浜の北川・南川の三角州を本丸とし、
周囲に曲輪を配する輪郭式縄張の水城である。
京極氏の後、酒井忠勝が藩主となった後の正保2 年(1645)に城は完成した。
往時には本丸南西隅に三重天守が聳え、城内には多数の櫓や
多聞櫓があり城の規模に比べその数は圧巻で、
幕閣に連なる譜代大名の威容を示す城郭であった。
現在は忠勝を祭神とする小浜神社が立つ本丸の西半分が旧状を留めるのみだが、
天守台を中心とした石垣は状態良く現存する。

お問い合わせ

●Facebook
若狭後瀬山城・小浜城を訪ねる(第721回例会)

日本古城友の会創会60周年記念式典と12月例会について

日本古城友の会は昭和38年(1963年)11月3日の安土城見学会に始まり、
毎月城の見学会や会員による発表などを行う例会を開催、
また会員の投稿による機関誌を発行するなどの活動を重ね、
本年で60周年を迎えます。
それを記念して12月2日に式典の開催が決定いたしました。

また式典翌日の12月3日には観音寺城を見学する例会を開催いたします。

参加は式典、12月例会ともに当会会員の方を優先して受付いたします。

式典・12月例会の詳細と参加申し込みにつきましては、
下記をご確認ください。

・日本古城友の会創会60周年記念式典

式典の開催について(リリース)

●日時
令和5年12月2日 13時30分開始(13時開場) 16時50分閉会

●会場
エル・おおさか(大阪府立労働センター)本館5階 研修室2
〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14
京阪電鉄・Osaka Metro 天満橋駅下車 徒歩5分
https://www.l-osaka.or.jp/access/

●参加費
500 円(資料代として)

●参加定員(事前申込制)
40名(会員優先)

●プログラム
創会60 周年記念式典
基調講演 中井均先生(滋賀県立大学名誉教授)
記念講演 新谷和之先生(近畿大学准教授)

・12月例会(観音寺城)

12月例会の参加受付は終了しました。
一部行程等に変更がありますので、
お申し込み済の方はお手数をおかけいたしますが
ご確認の程よろしくお願いいたします。

●日時
令和5年12月3日 午前10時 雨天の場合予定変更あり

●集合場所
JR東海道線能登川駅 改札口前

弁当(寺前にご用意ください)・飲物・敷物・帽子・登山靴(ハイキング靴)・ステッキ・タオル・雨具持参でお願いします。
マスクの着用は各自の判断でお願いいたします。

●案内講師
中井均先生(滋賀県立大学名誉教授)

●行程(予定)
JR能登川駅 → 淡路丸 → 三国丸 → 本丸 →

平井丸 → 池田屋敷 → 観音寺本堂 →

観音寺駐車場(15時頃解散予定)

能登川駅~観音寺城はタクシー分乗にて移動します

●参加費
賛助会員・正会員・家族会員 2800円
通信会員・当日参加者 3000円
(資料代・保険代・記念写真代・往復のタクシー代・下見費用等として)
能登川駅から観音寺城はタクシー分乗にて移動します。
タクシー代は乗り合わせた方で別途お支払い下さい。

●参加定員(事前申込制)
40名(会員優先)

・参加申し込み
式典・12月例会ともに定員は40人になります。
会員の方の受付は10月1日より10月28日まで下記リンク先、
または城だより掲載の方法でお願いいたします。
会員外の方の受付は11月5日午前10時からを予定しております。
定員に達し次第受け付けは終了いたします。
受け付け終了前でも、状況によりご希望に沿えない可能性がございますので、
あらかじめご了承ください。
また会員で定員を超えた場合は会員外の募集はありません。

参加申し込み
12月例会の参加受け付けは終了しました。
会員(10月1日~10月28日)
会員外(11月5日午前10時~)