但馬有子山城・出石城を訪ねる(第729回例会)

例会

●日時
令和6年7月7日 午前8時(時間厳守) 雨天決行(行程変更あり)

●集合場所
JR環状線「森ノ宮」駅前 森之宮神社前

弁当(現地までの高速SA等で購入可能)・飲物・敷物・帽子・ハイキング靴・ステッキ・タオル・雨具持参でお願いします。
バス車内を含めマスクの着用は各自の判断でお願いいたします。

●行程
森之宮神社前8時出発 → 中国道・北近畿豊岡道 → 出石(市役所支所前) →

林道/徒歩 → 有子山山頂(千畳敷・大堀切・本丸) →

東尾根ルートで下山 → 出石城(稲荷曲輪・本丸・二の丸) →

三の丸辰鼓櫓 → 北近畿豊岡道・中国道 →

森ノ宮駅前(18時30分頃を予定)

※雨天の場合は出石城見学後、豊岡市豊岡に移動し豊岡城を見学します。

※帰路は高速道路の渋滞が予想されるため、
 森ノ宮駅前到着が予定より遅くなる場合があります。

●参加費
参加人数により変わります。
(バス代・高速料金・資料代・保険代・記念写真代・下見費用として)

●参加申込
会員の方は城だよりをご参照ください。
会員外の方はお問い合わせください。

●見どころ
有子山城は、有子山山頂に築かれ眼下に此隅山城や豊岡城まで一望することがでる。
本丸と三段目の曲輪には見事な石垣が積まれていて、本丸背後の大堀切も見応えがある。

有子山城は、天正2年(1574)に但馬守護山名祐豊によって築かれた。
室町時代の但馬守護山名氏の居城は此隅山城であったが、
永禄12年(1569)に羽柴秀吉によって落城した。
その後、但馬に復帰した山名祐豊は有子山に築城して再起を図る。
天正8年(1580)に竹田城を拠点とする羽柴秀長に攻められ落城して但馬守護山名氏は滅んだ。
慶長9年(1604)に小出吉英が有子山城主となったが、
領国経営に不便な山城を廃し山麓の居館部を大修築して近世城郭出石城を築いた。
山麓の新城本丸には、2基の隅櫓が復元されている。
三の丸大手門脇の櫓台には辰鼓櫓が建ち出石のシンボルとなっている。
また、近くには仙石騒動の立役者の仙石左京の長屋門、武家屋敷が残っている。
出石名物の皿そばは、信州から仙石氏が国替えで出石に移封して来た時に持ち込んだもの。

お問い合わせ

●Facebook
但馬有子山城・出石城を訪ねる(第729回例会)

伊勢霧山城・北畠氏城館を訪ねる(第728回例会)

例会

●日時
令和6年6月2日 午前8時(時間厳守) 雨天決行(行程変更あり)

●集合場所
JR環状線「森ノ宮」駅前 森之宮神社前

弁当(バス乗車前にご用意ください)・飲物・敷物・帽子・ハイキング靴・ステッキ・タオル・雨具持参でお願いします。
バス車内を含めマスクの着用は各自の判断でお願いいたします。

●行程
森之宮神社前8時出発 → 阪神東大阪・近畿 → 西名阪天理 →

名阪針IC(休憩) → 北畠氏城館跡(北畠神社)10時30分頃着 →

霧山城登城開始11時頃 → 詰の城 → 南曲輪群 →

北曲輪群・本丸跡(昼食) → 下山(往路と同じ) →

北畠氏城館跡(北畠神社)15時頃 → 往路と同じ → 森之宮神社前18時頃解散

※霧山城本丸までは北畠氏城館跡からゆっくり歩いて1時間ほどですが、
 階段が多く急峻です。
 脚力に不安のある方はこの点にご留意下さい。

※続100名城スタンプと御城印は北畠神社社務所にあります。

※雨天の場合は「北畠氏城館跡」、「北畠氏城館跡庭園」(庭園は有料で希望者のみ)、
 「美杉ふるさと資料館」を見学。
 近くの「道の駅美杉」(食道あり)で昼食休憩後、
 名張の「名張陣屋」を見学して帰路につきます。

●参加費
参加人数により変わります。
(バス代・高速料金・資料代・保険代・記念写真代・下見費用として)

●参加申込
会員の方は城だよりをご参照ください。
会員外の方はお問い合わせください。

●見どころ
霧山城・北畠氏城館は「多気北畠氏城館」として
続日本100名城に選定されている。
昭和11年9月3日、多気北畠氏城館跡として北畠氏館跡・霧山城跡が
国の史跡に指定され、平成18年7月28日に館跡全域、
山城と館跡をつなぐ範囲について追加指定された。

南北朝時代、伊勢国南部を治めていた北畠氏は北朝の攻撃を受け、
興国3年/康永元年(1342)田丸城が落城するとここの多気北畠館に移り、
全国でも珍しい二段の詰め城を構えました。
信長が侵攻するまでここを本拠地としたが、
天正4年(1576)落城し北畠氏は滅亡した。

霧山城は標高563m(比高240m)・登城距離1700mで、
北曲輪群と南曲輪群の二つがある。
標高396m(比高23m)にある「詰め城」も見学します。

お問い合わせ

●Facebook
伊勢霧山城・北畠氏城館を訪ねる(第728回例会)

近江歓喜寺城・歓喜寺山城を訪ねる(第727回例会)

例会

●日時
令和6年5月12日 午前10時 雨天決行(行程変更あり)

●集合場所
JR湖西線志賀駅前

弁当・飲物・敷物・帽子・ハイキング靴・ステッキ・タオル・雨具持参でお願いします。
マスクの着用は各自の判断でお願いいたします。

●行程
志賀駅 → 徒歩50分 → 曲輪Ⅶ → 堀切E → 郭Ⅵ →

堀切D → 郭Ⅴ(主郭) → 堀切C → 薬師堂(昼食) →

(登山道を「仏の穴」まで戻る) → 歓喜寺山城へ →

郭Ⅱ → 堀切B → 堀切 → 郭Ⅰ → 西下の堀切 →

往路を下山 → 志賀駅(15時半頃解散)

●参加費
賛助会員・正会員・家族会員 800円
通信会員・当日参加者 1000円
(資料代・保険代・記念写真代・下見費用として)

●見どころ
歓喜寺城は延暦年間(782~806)の頃、最澄が創建した
天台宗天寧山歓喜寺が城郭化されたもので、
往時は延暦寺の荘園比良庄を代表する寺院であった。
元亀の争乱(1570~1573)に際して僧坊が城塞化されたが、
元亀3年(1572)の織田信長の焼打ちにより堂塔伽藍は灰燼に帰したが、
薬師如来は住民が土中に埋め難を避け、
文禄元年(1592)に住民により薬師堂が建立された。

歓喜寺城は北から南の谷筋に大きく四つの郭を
三つの深い堀切で分断した連郭の城。
主郭の内部は土塁が巡り、東西に規模の大きな石垣が残る。

歓喜寺山城は歓喜寺城の東側の標高374mの頂部を主郭として
300m程南のピークに郭Ⅱを配し、その間に2本の堀切を施している。
歓喜寺城防御の城であり、詰の城である。

お問い合わせ

●Facebook
近江歓喜寺城・歓喜寺山城を訪ねる(第727回例会)

近江小谷城を訪ねる(第726回例会)

例会

●日時
令和6年4月7日 午前10時 雨天決行(行程変更あり)

●集合場所
JR河毛駅コミュニティハウス前

弁当・飲物・敷物・帽子・ハイキング靴・ステッキ、タオル、雨具、軍手持参でお願いします。
マスクの着用は各自の判断でお願いいたします。

●行程
河毛駅 → 泉龍寺(移築門) → 城下町跡 → 金吾丸跡 →

本丸跡 → 大嶽城跡 → 福寿丸跡 → 山崎丸跡 →

下山 → 河毛駅(解散16時頃)

※ 今回の行程は河毛駅より比高400mの大嶽城までを
すべて徒歩で巡るため、ハードなコースになります。
大嶽まで行くのが不安な方は、
本丸跡から下山していただいても大丈夫です。

●参加費
賛助会員・正会員・家族会員 800円
通信会員・当日参加者 1000円
(資料代・保険代・記念写真代・下見費用として)

●見どころ
小谷城は大永3年(1523)頃に浅井亮政によって築城されたと思われる。
南近江の守護六角氏の攻撃を何度も受け、2代目久政の時代は六角氏に臣従。
3代目の長政は六角氏から独立し織田信長と結ぶも後に離反、
3年に及ぶ元亀の騒乱を経て小谷城は落城、浅井氏は3代で滅びた。
信長より北近江3郡を与えられた羽柴秀吉は小谷城に入城するも、
長浜に築城して移り小谷城は廃城となった。

尾根筋に造られた主郭部分は幾段もの削平地に曲輪が設けられ、
堀切や石垣など見どころは満載である。
大嶽城は亮政による小谷城築城当初との説もあるが、
元亀年間に朝倉軍が駐留した際に改修されたと思われ
土塁や竪堀が確認できる。
西の尾根筋に築かれた福寿丸と山崎丸は虎口が設けられ
技巧的な造りになっている。

お問い合わせ

●Facebook
近江小谷城を訪ねる(第726回例会)

大和佐味城を訪ねる(第725回例会)

例会

●日時
令和6年3月3日 午前9時30分(時間厳守)

●集合場所
近鉄御所駅改札前

奈良交通9時48分発新宮駅行きに乗車 乗車賃550円

弁当・飲物・敷物・帽子・ハイキング靴・ステッキ、タオル、雨具、軍手持参でお願いします。
マスクの着用は各自の判断でお願いいたします。

●行程
近鉄御所駅 → 風の森 → 髙鴨神社 → 佐味城入口 →

佐味城内散策 → 風の森 → 近鉄御所駅(解散)

●参加費
賛助会員・正会員・家族会員 800円
通信会員・当日参加者 1000円
(資料代・保険代・記念写真代・下見費用として)

●見どころ
佐味城は、金剛山の中腹、奈良盆地側に突き出た台地上の
尾根に位置し、方形区画群を持つことから山岳寺院を
城郭に改造された特異な縄張りを持ったお城です。
天文6年(1537)に河内や大和で勢力を奮った木沢長政が
築城した琵琶尾城に比定する説がある。
地形は、北は急峻な谷、東と南は極めてなだらかで、
どこからでも容易に侵入しやすい城地である為、
山腹には横堀の防御ラインで遮断。
虎口は東と西の二ヵ所。
当時の遺構がよく残った山岳寺院を改造したお城である。

お問い合わせ

●Facebook
大和佐味城を訪ねる(第725回例会)