摂津尼崎城と城下町(寺町)を訪ねて(第670回例会)

●日時
令和元年8月4日 午前9時30分 雨天決行(行程変更あり)

●集合場所
阪神「尼崎」駅 西改札口コンコース(時間厳守でお願いします)

弁当・飲物・敷物・帽子・ハイキング靴でお願いします。
暑さ対策を万全に!

●行程
阪神「尼崎」駅前 → 平成最後の築城・復元された尼崎城天守 →

桜井神社 → 内堀跡 → 明城小学校(尼崎城本丸跡・城跡碑) →

昼食 → 東大手橋跡(石碑) → 寺町散策(11ヶ寺) →

世界の貯金箱会館・尼信会館 → 解散(16時頃予定)

●案内講師
赤川耕一氏(NPO法人市岡国際教育協会 副理事長・尼崎市在住)

●参加費
正会員・家族会員 800円
通信会員・当日参加者 1000円
(資料代・保険代・記念写真代・下見費用として)
天守入城料500円別途必要

●見どころ
平成27年大手家電量販店創業者による寄付により、
平成31年に公開された平成最後の築城。
尼崎城復興天守閣の最上層では、タブレット端末を使用して
当時の風景と現在の風景を重ねて楽しむことができます。
郷土の城郭画家で当会の発起人荻原一青画伯の作画を
基に作られた日本手拭が展示されています。
大型スクリーンで紹介されるCGで復元された映像は感動モノです。

本来本丸があった附近に現存する遺構と資料を
見比べながら散策していただきます。
寺町には国宝のある「長遠寺」、秀吉ゆかりの「広徳寺」、
佐々成政のお墓がある「法園寺」など11ヶ寺が点在しています。
尼崎信用金庫旧本店に寄り添う「尼信会館」では、
尼崎藩主桜井松平家ゆかりの重要文化財をはじめ、
尼崎市指定文化財である歴史的に貴重な資料が展示されています。
隣接する「世界の貯金箱会館」では、世界各国の珍しい貯金箱の
ルーツにふれて頂き、日本と世界の貯金箱の違いなどを
見ていただければと思います。
お問い合わせ

●Facebook
摂津尼崎城と城下町(寺町)を訪ねて(第670回例会)

例会

Posted by 日本古城友の会