大和椿井城・平等寺館を訪ねて(第664回例会)

2019年1月24日

●日時
平成31年2月3日 午前10時30分

●集合場所
近鉄生駒線「竜田川」駅改札口

弁当(出発前に用意してください)・飲物・敷物・杖・ハイキング靴でお願いします。

●行程
近鉄竜田川駅 → 椿井春日神社 → 椿井城跡 → 中腹遺構 →

平等寺館跡 → 近鉄平群駅(16時頃解散予定)

●参加費
会員・家族会員 800円
通信会員・当日参加者 1000円
(資料代・保険代・記念写真代・下見費用として)

●見どころ
当初、大和龍王山城・豊田城を城跡入口まで登山道をバスで行く予定で考えていましたが、
下見で登山道が車通行止めとなっていました。
役員協議の上、椿井城に変更して行うこととなりました。
椿井城は松永久秀亡きあと、筒井順慶の三家老の一人島左近が整備したといわれています。
城跡は中央の鞍部で北曲輪群と南曲輪群の二つからなり、
平群地区では信貴山城に次ぐ大規模な連郭式の見応えのある城です。
平群在住の城郭研究家内野和彦氏の案内で当会では初めての中腹遺構を確認し、
西麓の平等寺館跡まで探訪する予定です。
お問い合わせ

●Facebook
大和椿井城・平等寺館を訪ねて(第664回例会)